AX

Soso*blog

soso*blog
<< March 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | -

プロジェクト・ランウェイ

久しぶりに引き込まれるTV番組見つけた!
WOWOWの「ProjectRunway(プロジェクト・ランウェイ)」という
リアリティーショー(ドキュメンタリータッチの番組)です。

簡単に言うと、NYのデザイナー勝ち抜き戦かな?
毎回課題を与えられ、審査をされ、脱落していく。
勝ち抜いた者は、10万ドルに豪華な賞品、そして人気デザイナーとしての道が
開けるというわけです。

元スーパーモデルの美しすぎる「ハイジ・クラム」が司会。
そして個性的なデザイナー達。
番組を見始めたら最後までぐぐっと引き込まれていく、そのテンポの良さ。

去年WOWOWでステージ1が放映され、今月からはステージ2。
こんな面白い番組、全然知りませんでした!
あ〜〜ステージ1が見たい。DVD化されてないのかな?
毎週土曜日深夜0時から、金曜は再放送があります。
7月13日(金) 午後4:00からステージ2の#1が再放送されるので、
興味のある方はぜひ見てみてください!

私はかなりツボにはまったというか、かなりヒットでした。
だいぶ前、ASAYANで「世界に羽ばたくファッションデザイナー・オーディション」と
いう企画があったのご存知ですか?
どんなオーディションか全然記憶にないけど、優勝した「ご・あきうえ」さんが
NYにショップを開店させてもらったが売上ノルマを達成できずに撤退したのは覚えてる。

子供の頃の夢は服飾デザイナーだった。
その頃よく読んだ少女マンガがデザイナーものが多く、
影響されていただけだと思うけど。
画用紙で着せ替えを作って、色々な服をデザインして作って着せていたなー。

話が飛んだけど、この「ランウェイ」13回放映されるそうで、
次回はバービーの洋服を作るらしい。同じ服を人間のモデルにも着せて、
小さくても大きくてもかわいい服を作るのがポイント。
あ〜〜面白そう^^
ドラマ | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

宮廷女官「チャングムの誓い」

チャングムの誓い
今ハマっているもの・・それは毎週木曜日BS2で夜10時より放映されている
韓国ドラマ宮廷女官チャングムの誓い(大長今)です。

朝鮮王朝の宮廷内で宮廷料理人として働く女官「チャングム」の
生涯を描いたドラマです。
韓国版「大河ドラマ」といった感じでしょうか。

今まで中国や日本の宮廷のお話や映画、ドラマは見たことがあっても、
お隣の国の韓国の宮廷については殆ど知らない事に気がつきました。
(ソウルへは一度行った事があり、徳寿宮も行ったのですが
 その時はそれ程興味がなかったのです;;)

朝鮮王朝時代の身分制度や、宮廷内の事がよくわかりとても興味深い!
かといって難しいドラマではなく、わからない用語は公式HP
調べればばっちりです。

韓国で視聴率50%を超えたというのはわかる気がします。
台湾でもかなりヒットしたらしいですね。

1話の最後から登場する子供時代の「チャングム」
かわいさったらないですよ!
このちびチャングムはこのドラマの見所の一つですね。
大人のチャングムも透明感のある清楚で美しい女優さん。

それから宮廷女官の鮮やかで美しい韓服
身分の高い人の前では手を隠すとか、女の人でも人前であぐらをかいたり
片ひざ立てたりするのも始めて知りました。
でもそれがふわっとしたチマチョゴリの下に隠れ、美しい女優さん演じる
女官達のそれは、なんだかとってもかっこいいのです。

そしてもう一つの見所は宮廷料理です。
薬食同源(医食同源)」・・・食は薬であり、薬は食である。
つまり病気の予防と治療は食にあるという考え方ですね。
この考え方を元に、毎日王の身体の為に食事を作る女官達。
どんなものをどのようにして王が食べていたのかよくわかります。

てきぱきと料理作っているシーンは見ていて楽しい。
なぜか手のアップのシーン(特に包丁を使っている時)は
指が女優さんの手ではなくプクプクした手になっているのは笑えますが^^;

料理ってすばらしいですね。
それを気が付かせてくれるドラマです。

そしてなんといっても「生き方」について考えさせられます。
女官達それぞれが寂しさを抱えながら、仕事をし、
宮廷内の権力闘争に巻き込まれながらも自分を失わずに生きていく女官達、
強いものに依存していく女官達、様々な生き方・・。
運命に翻弄される人々・・。

次から次へと色々な事が起こっていきますが、チャングムと一緒に
ハラハラしたり腹をたてたり泣いたり笑ったり。
スカッ!とする事も多いです。
とにかくすばらし過ぎて泣けてきます・・
音楽もいいのですよね〜。
こんなすばらしいドラマにめぐり会えたことに感謝しています!
小説とNHKのドラマガイドも買いました。これはいいですね!
ただこのドラマガイド、まだ放映されていない話についても
書かれているのでかなりネタバレぎみですが(1話〜27話)、
豆知識が沢山載っていて勉強になります。
あともう1冊ガイド本が販売されていたので買おうと思ったのですが、
54話全てストーリーが書かれていたので止めました。
これは全部見終わったら買うことにします。
その他も家庭で作れるチャングムの韓国宮廷料理という本も買わねば・・

このドラマのおかげで、韓国の歴史、韓国の料理
興味がわきました。
ハングルも勉強中!

そして韓国へ、故宮巡り宮廷料理を食べに行きたい〜!
このドラマの撮影が行なわれた「MBC楊州スタジオ」に去年の12月に
「チャングムテーマパーク」がオープンしたみたいですね。
ここにも行きたい・・。

4月には日本でDVDも発売されるようなので、TVを見ていない人や
途中から見た人は是非見てみてくださいね。
おすすめのドラマです!

今週の木曜日に18話放送(全54話)、残りの話は
どのように展開していくのでしょうか。
とても楽しみです。
ドラマ | permalink | comments(3) | trackbacks(0)

威風堂々な彼女

Yahooで会員向けに色々な動画が無料配信されているが、
その中で韓国ドラマ「威風堂々な彼女」を見てみた。
1話見たら次も見たくなり、その後すっかりはまり、
止められなくなって1本1時間を10話、2日間で見てしまった。

これは面白い!
20話くらいまであるらしいが、配信はまだされていない。
早く続きが見たいのですけど・・。

毎回見ながらよく泣いて笑って、最後の方は泣きすぎでコンタクトレンズが曇ってきてしまったほど。

主人公の女の子に元気付けられて、私も頑張らねば!と
単純にも思ってしまった次第です。

その他、ちょっとした韓国の生活なども垣間見ることができ面白い。
Yahooの動画配信にこれまた韓国ドラマの「1%の奇跡」というのが
あるが、これも面白いらしいので見てみよう。

アメリカの「フレンズ」「アリー・my ラブ」も大好き。
海外ドラマにはまり中〜〜。
ドラマ | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

90日間トテナムパブ

「90日間トテナムパブ」は、先日書いた「バナナチップスラブ」の後、
1992年1月から放映されたオールロンドンロケのドラマ。

 出演:坂井真紀、カズコ・ホーキ、大林真由美  
 監督・制作:浅井隆 
 オープニングテーマ:フィッシュマンズ「100ミリちょっとの」
 エンディングテーマ:フランク・チキンズ「GOCHAMAZE」

ちょうどロンドンから帰ってきた頃、このドラマが始まったので、
毎週楽しみで見ていた。

ビデオを久しぶりに見た時、オープニングで胸がきゅーんとなってしまった。
フィッシュマンズ「100ミリちょっとの」という曲も清志郎ぽくて好きだった。
オープニングに現れる懐かしいロンドンの景色、AtoZの地図。
出演者の映像とAtoZの地図が交互に出てくる。
まず最初は「Hampstead」→マキが住んでいる場所
次は「ComdenTown」→カスバートとカズコが住んでいる場所
その次は「South Tottenham」→キダスとマユミが住んでいる場所
最後がトテナムパブ
 ちょうどこの辺↓


「100ミリちょっとの」を聞くと12年前の気持ちがよみがえってきて切ない。

ストーリーは・・
イギリス人と結婚している「マキ」(坂井真紀)はロンドンのトテナムにあるパブで働いている。そのオーナーはイギリス貴族の放蕩息子カスバート
ごく普通の生活を夢見て家を出ている。そんな息子に対して父親の与えた課題は、つぶれかかったパブを90日間で成功させる事。
マキやカズコ、その他の人達が力を合わせてカスバートを応援し、パブを成功させようと頑張る。さて、果たして課題はクリアするのだろうか・・。

ストーリーは「バナナチップスラブ」と同様にこれといってすごく面白い
という訳ではないが、色や雰囲気が好きだった。
二つともストーリーよりも雰囲気を楽しむドラマなのかな。

そしてこれまた日本人の演技が素人っぽくてへたくそ。
そこがいいんだけど(笑)
坂井真紀もデビューしたての頃かな。かわいい。
おもいっきりへたくそな発音で、そりゃないぜっていう英語が、なかなかかわいい。
イギリスでで活動しているバンド、フランク・チキンズカズコ・ホーキさんは、ドラマでもカズコでフランク・チキンズだ。

この二つのドラマを楽しみに見ていた人っているかな〜。
ドラマ | permalink | comments(29) | trackbacks(0)

BANANA CHIPS LOVE(バナナチップスラブ)

6月4日金曜日、探偵ナイトスクープで、昔NHK衛星放送でやっていた
ボブの絵画教室(Joy of Painting)」のビデオを見ながら、同じように描いてみたいというのを
やっていたそうだ。あいにく私はお風呂に入っていて見逃したのだが;;

ボブの絵画教室」、大好きだった。30分で簡単に油絵の風景画を、
ちゃちゃちゃっと描いてしまうのだ。
確かビデオに録画していたと思うので、大昔のVHSビデオを探していた。
結局どこに撮ったのか、または消してしまったのかわからなくなったが、
代わりにとっても懐かしいビデオが出てきた!

それは1991年10月よりフジテレビで木曜深夜23:30〜放送していたドラマ(全12話)BANANA CHIPS LOVE バナナチップスラブ」と、
その後放送された「90日間トテナムパブ」だ。

私はその頃そのドラマが好きで、毎週楽しみに見ていたのだ。
バナナチップスラブは、オールニューヨークロケ。
高城剛が監督の一風変わったドラマ。
音楽も、色も、雰囲気も、出演者もどれも好きだった。

オープニングテーマはオリジナルラブの「月の裏で会いましょう」。
この曲は結構ヒットしたと思う。
このドラマで色々なシーンで使われている藤原ヒロシの「DAWN」という曲が好き。

そして主人公は松雪泰子。まだ出始めの頃だったと思う。
初々しくてかわいかったなぁ〜。

ストーリーは、松雪泰子が演じる「リサ」が、ニューヨークに何かを求めて行く。
ニューヨークにアパートを借りて生活するリサ。
そこで出会う個性的で変な人達。
同じアパートに住んでいるポップなゲイの双子怪しい日本人の男(高城剛)。
ストーリーに関係なく突然登場するその他の変なニューヨーカー達。
そして元彼氏(?)の「タカシ(ボビー大倉)」との偶然の再会。
タカシは「ユキ(渡辺マキコ)」という日本人と同棲していた。
果たして「リサ」はニューヨークで何かを見つけられるのだろうか・・・。

まず出演している日本人が素人っぽくへたくそ。
セリフ棒読みだし。
そこがまたいい味をだしているんだけど・・。
ゲイの双子(ジョンとポール)はかわいい・・。お気に入りだ。

さて、そんな懐かしいバナナチップスラブだが、もう一度全部通して見てみた。
13年前とは思えないセンスの良さ。色がいい!!曲もやはり良い!!

ビデオに撮ったのは、ドラマが終了した後に放送された特別番組で、
高城剛藤原ヒロシ、出演者が集まり、ドラマについてワイワイ話しながら、
第1話から第12話まで一挙放送!というものだ。
丁度、大規模な鉄道のストが次の日からあるぞ!という時で、
しょっ中ニュース速報が流れていた。こんなやつ↓
〜「大手私鉄の交渉は賃上げ額をめぐる話し合いが難航。スト回避は微妙な情勢」〜
放送の途中で、いきなり「スト速報」の特別番組まで入る始末だ。
ストってなんか懐かしい・・。

(次回はバナナチップスの後に放送された「90日間トテナムパブ」について少し書きます。)

* プチ情報 * * *(1991年当時の情報なので今は知りませ〜〜ん)
■ジョンとポールのバースデーパーティが行われたクラブは教会を改装した「ライムライト」の中のクラブ「シャンプー」。
■マンハッタンの夜景が綺麗だった場所は、ブルックリン橋のたもとの「リバーサイドカフェ」の近く。
■怪しい日本人の男(高城剛)の読んでいた本は「太宰治」の「人間失格」。
ドラマ | permalink | comments(14) | trackbacks(1)